地下室付住宅の施工事例集はこちらから

予算を決める際の目安

地下室の費用について

新築で家を建てる際に、地下室の費用が高いという理由で、最初から検討もせずに諦めてしまうのは、非常に残念なことです。
確かに、建築予定地の地盤や地下水位などの要因によっては、費用が高くなりますが、地下室には、その費用に見合う魅力やメリットがたくさんあります。

目安の予算について

地下室付住宅の建築計画の際に、おおよその施工金額の目安を知ることが大切です。
建築計画を立て始めてすぐでは、はっきりとした予算はなかなか決まらないと思います。
ですが、予算があいまいですと、業者さんは、はたしていくらの予算に対する提案をするべきかが決まらず、最終的な打ち合わせの段階であなたと業者さんの間での意見や提案のズレが出てきてしまう場合も少なくありません。
ですので、
「希望予算は○○です。予算内で、可能な限り希望を取り入れた地下室付住宅をつくって欲しい」
と伝えることが大切です。
良心的な業者さんは、あなたの提示した予算内でベストな提案をしてくれます。
もちろん建築予定地の地盤や地下水位などの要因により、当初の見積金額を超えざるを得ない場合もありますが、明確な希望予算を最初に伝えることは、後悔しないための重要なポイントになります。

しかし、地下室の場合、地中という目に見えない部分の工事のため、価格の相場がわかりづらいものです。

以下に、地下室のおおよその価格相場についてご説明します。
これを知っているだけで、単価が適正か高いかの目安がわかるようになります。

地下室の目安の予算 「坪単価○○万円」という言葉をお聞きになったことがあると思います。この「坪単価○○万円」というのが住宅業界の共通の表現になっています。

例えば、「坪単価40万円」で建坪が50坪なら総額で大体2,000万円程度だなと大体の予想ができます。

しかし、地下室に関しては、以下の要因により料金が変わってくるため、なかなか価格の相場というのは明言できません。

地下室の価格の主な変動要因

 ・地下室建築予定地の周辺の状況環境
  (建機・その他工事機械の使用効率性、仮材料置場の確保可能か、4トントラックが入るかなど)
 ・土を掘る量や廃棄する量、またその土質
 ・防水のグレードとその総塗布面積
 ・断熱材のグレードとその総面積
 ・地盤の強弱(地盤改良や杭地業などが必要かどうか)や地下水の有無
 ・天井部や窓の防音対策の有無(半地下やドライエリア設置の場合など)
 ・キッチンやトイレなどの水周り設備の有無、内装へのこだわりなど
 ・各業者さん独自の価格算出方法

 ※地下室の施工金額は建築予定地によってケースバイケースであり、詳細な現地調査後の見積額との差異があることを、事前にご了承下さい。

一般的には、坪単価は、最終的な総工事費を延べ床面積で割って算出します。
ただ、上記に挙げたように、条件によって違いがあるため、地下室の場合は、一概に○○万円が高い(安い)という判断は難しいかもしれません。

ちなみに、地下室のみの価格の参考例として、

地下室の予算費用の目安の例

となっています。
ですので、概算の坪単価は、1坪あたり、55〜80万円程度となります。

※もちろん、あなたのご要望内容や、先に挙げた地下室の価格変動要因によっては、上記の目安を超える場合もあります。あくまでも目安とお考えください。絶対値ではありません。
※実際に、1坪あたり120〜150万円の見積を出す業者もいます。その場合は、地下室を自社で施工せず、下請け(場合によっては孫請け・ひ孫請け)に外注するため、中間マージンが見積価格に乗っているため、高くなっている可能性もあります。

この金額で計画をしていけば、土地によりますが、地下室を造ることは可能です。
もちろん、この金額以下で概算見積を出してくる業者さんもいるかもしれませんが、相場はこれくらいなので、極端に安すぎた場合は注意が必要です。

例えば、使用される防水のグレードひとつとっても価格は大きく違います。当然のことながら、水を通しにくい防水ほど値段は高いのです。安いには安いなりの訳があるのです。

また、見積書で地下室の総費用が上記参考金額を大きく上回る場合は、相場より価格が高いケースも考えられますので、前述の価格を判断の目安としてください。

地下室は上物の建物よりも寿命が長く、一度造ると建て替えができません。少しでも安く地下室を造りたいと考え、防水などの対策費を必要以上に削るべきではありません。
地下室は、住宅が完成した後の補修工事の中では、その費用は最高額レベルです。
地下室を造る際には、トラブルを避ける意味でも、将来に渡った長い目で計画を練ることが大切です。

あなたは
地下室を造るための予算が決まっていますか?
【地下室付住宅見積比較サポート】をご利用いただくことにより、無料・匿名で専門業者さんに相談することができます。
地下室の費用は地盤によってケースバイケースです

また、あなたの予算に合った、最適な提案や見積を受け取ることができます。
匿名でのやりとりから始まりますので、嫌な売り込みなどを受ける心配も一切ありません。

 ※ 当サイトご利用者の例
当サイトが紹介した業者さんに相談され、結局、立地と予算の兼ね合いで地下室をつくらず、地上建物のみ依頼されたケースも多々あります。
当サイト加盟業者さんは、何が何でも地下室施工を提案するのではなく、お客さんのことを第一に考えた提案をしてくれます。
是非ともお気軽にお問合せ下さい。


無料見積・資料請求はこちらから


地下室付住宅見積比較サポートの連絡先情報