地下室付住宅の施工事例集はこちらから

見積書のチェックポイント

地下室の見積についての説明

地下室付住宅の建築予定地に業者さんを呼び、現地調査と詳細な打合せの後、正式な見積書が出ます。

この見積書ですが、「総額いくら」とうことだけをチェックし、「予算内だな」や「ちょっと予算オーバーだけど、何とか大丈夫そうだな」と考える方が少なくありません。

「総額いくら」は確かに大切な要素ですが、正式な見積書を出してもらったら、最低でも下記のチェックをすることが大切です。
※建築予定地を調査する前の概算見積の場合には、あまり明確には内訳が出ない場合があります。

「○○○一式」という表現

見積書の中に、「一式」という表現があったら必ず確認が必要です。
見積は、きちんとした価格の裏付けがあって作成されています。

その裏付けが明記されていないのであれば、後に追加費用や別料金を請求され、最後には予算オーバーになってしまう可能性すらあります。

よって、トラブルを避けるため、「一式」という表現があった場合は、「一式と明記されている内容を教えてください」と業者に言って、きちんと内訳を説明してもらうことが大切です。
内訳が明記されていないと、途中でグレードを上げたり、何かを削ったりした際に、費用負担額が曖昧になってしまいます。

図面や提案と見積書のチェック

見積書は、図面や提案を元に、すべての必要コストを計算して算出されます。
ですので、図面やデザイン案のどの部分が、見積書のどこの項目にあたるのかをチェックしてみて下さい。

見積書に対する説明

見積書を出してもらったら、
必ずその見積書について説明を求めるようにすることが大切です。

上記2点に注意して、きちんとした説明を受けることで、後でこんなはずじゃなかったという後悔や、お互いの考えのずれなどを未然に防ぐことが出来ます。

地下室は、建築予定地の地盤によって価格や相場が変わり、曖昧ではっきりしない側面があります。

ですので、業者も、曖昧なことをよしとして、「あまり知識のないお客様」や、「お金を取れるお客様」など、"お金を取れることろから取る"とい考えの業者が存在するのも事実です。(もちろん、当サイト加盟業者さんは誠実な業者さんばかりです!

そのような、悪質な業者に、お金を必要以上に請求されないためにも、思ったことや疑問点はきちんと業者へ伝えることが本当に重要です。
納得のいくまで専門業者さんと話し合うことが重要です

まずは、無料・匿名で、当サイト加盟業者さんに相談することから始めてみませんか?
そして、良心的で適正な見積を出す業者さんからの提案を受けてみませんか?

詳しくは、資料請求をしてみて下さい。

資料をお読みになり、ご家族で地下室付住宅についてじっくりとお話をしてみて下さい。
地下室付住宅見積比較サポートが、あなたとあなたのご家族の地下室付き住宅作りのサポートが出来ることを願っております。

無料見積・資料請求はこちらから


地下室付住宅見積比較サポートの連絡先情報