地下室付住宅の施工事例集はこちらから

あなたに合った地下室は?

地下室のタイプ

趣味や仕事に没頭できる自分だけの部屋が欲しい・・・
大迫力の映像と音が楽しめる自分だけのシアタールームを持ちたい・・・
時間を気にせず(夜遅くでも)、音楽・楽器演奏に没頭したい・・・
静寂の中で思う存分、読書したい・・・
親族や友人を呼んで、ご近所を気にせずホームパーティーを楽しみたい・・・
いつでも演奏や録音ができる、自分だけのスタジオを持ちたい・・・
狭い土地を有効活用し、家族といつも触れ合える広いリビングが欲しい・・・

土地のことや値段のことなどは考えずに、まずは、「地下室で何をしたいか」を考えることから始めましょう。ワクワクする気持ちから、理想のお家を建てる第一歩になります。

地下室のタイプ

一言に地下室と言っても、いろいろな地下室のタイプがあります。下記を参考に、どのタイプの地下室がいいか、あなたにぴったりな地下室タイプを考えてみて下さい。
※地下室の使用目的、予算、建築予定地の地盤、法律規制などによっては、ご希望通りの地下室タイプの施工が難しい場合があります。

完全地下室

24時間、音などを気にせず、趣味や仕事に没頭できるプライベート空間が手に入る。
地下室天井部の一面以外は地中であるため、土が天然の防音材となり、周囲への音漏れの心配がなく、且つ、静か。ただし、階段部分や換気扇部分などの防音対策が必要。

完全地下室の説明画像



半地下室

完全地下室と比べ、土を掘る総量・廃棄する総量が減ったり、地下室外壁の防水塗布面積が少なくなったりするため、コストダウンが可能。


また、建築予定地の地下水位が浅く、あまり深く掘りたくない場合にも有効。

高窓を取り付けるため、採光が取れ、換気が比較的容易。
半地下室の説明画像


ドライエリア付き地下室

採光が多く取れるため、地下室とは思えない程明るく快適。また、ドライエリアをお庭のような感覚でガーデニングも可能。
また、ドライエリアは、採光を取る役割だけでなく、地下室の閉塞感の解消や、避難経路の確保による安心感、通風の確保などの役割も兼ねることができる。

ドライエリア付き地下室の説明画像



傾斜地はめ込み型地下室

土を掘る総量や防水の総塗布面積などが減るため、地下室を造るコストが安くなる。

また、傾斜地の土地は平坦な土地と比べ安いため、土地取得費用が安くなり、トータルでの建築費用を削減できる。
採光も取りやすく、通風の確保も容易に可能。
傾斜地はめ込み型地下室の説明画像

上記を参考に、あなたの理想の地下室を造る第一歩として頂ければと思います。
最初は「地下室でこんなことをしたいな」「内装はどんなデザインにしようかな」といろいろと想像してみて下さい。
そして、資料を取り寄せていただき、あなたのご希望を聞かせてください。

無料見積・資料請求はこちらから


地下室付住宅見積比較サポートの連絡先情報